◆パートナーエージェントの資料請求をする【無料】




赤ちゃんや子供を守る

赤ちゃんや子供を守る
 
世界で最も、安心・安全な国家が日本ですが、
脅威は、大人でもたくさんあります。
 
ましてや、体の小さい赤ちゃんや子供たちは
体力は無いし、抵抗力も無い。
すぐに発熱して病気になったり、
合併症が起きてどうなることか?
親は心配でなりません。
 
親は様々な情報を集めて、
子供たちを守ることが必須になってきます。
   
     

子供たちの脅威

赤ちゃんや子供を守る人間の脅威について

悪事を行う人間が、この世にはいます。
『連れ去り』、『誘拐』などの事件が毎年起きています。
 

『連れ去り』、『誘拐』事件を調べてみました

赤ちゃんや子供を守る年間100件以上起きている。
  
赤ちゃんや子供を守る被害の8割は女の子である。
  
赤ちゃんや子供を守る時間帯は、午後4時から6時。
  
赤ちゃんや子供を守る場所は、道路上が最も多い。
  
赤ちゃんや子供を守るほとんど「面識は無い」犯人だ。
 
事件は夕方の通学路や自宅から100m以内で起きている。
 
「いいものあげるからおいで」と誘う事件。
「親が病気になった」と嘘をついて誘う事件。
「モデルになれる」と誘う事件。
「警察官」と嘘をついて誘う事件。
また、
わいせつ目的の誘拐が30%あった。
 
女子児童は当時、友人と別れたばかりで1人の状態でした。
後ろから自転車で来た男が突然、女子児童の手を掴んで引っ張ってきたとのこと。
その際、女子児童がすぐに防犯ブザーを鳴らしたことで、近所の住民が気付いて男は逃走。
 
  
   

赤ちゃんや子供を守る不審者情報の約半数を占める「声かけ」の手口

1:「お菓子をあげる」「お金をあげる」など物で誘おうとする手口
  
2:「○○小学校はどこ?」「○○駅はどこ?」「道を教えてよ。この辺が分からないから。」などと道案内を装って近づき、腕を掴んだり、車へ引き込もうとしたりする手口
  
3:「お母さんが入院した。病院へ行くからすぐ車に乗って!」などと嘘の事実を告げて車に乗せようとする手口
  
4:「テレビに出してあげるから写真撮らせて」「モデルになってみない?」などとカメラマンやスカウトマンなどになりすまして近づく手口
  
5:「歩くの大変だから送ってあげるよ」などと言って車に乗せようとする手口
  
6:「今日何曜日だっけ?」「何年生?○○○見たことある?」「何歳?」などと優しい口調で語りかけながら近づく手口
  
7:「かくれんぼしようよ」「いいところ連れてってあげる」「おじさんの家に行こうよ」などと誘い、公衆便所などの人気のない場所に連れ込もうとする手口
  
 
   

赤ちゃんや子供を守る子供に徹底しておきたい事

赤ちゃんや子供を守るもし知らない大人(顔見知りの大人でも)が声を掛けがあったときの対応を教えておきます。
接触され一緒についてくるように促されたら、「家の人に言ってきます」などと言い、その場から立ち去る。
もしも襲われそうになったら、大声で「助けて!」と叫び逃げる。
大声を出して逃げる事が大切です。
 
 
赤ちゃんや子供を守る甘い言葉についていかない、他人の車にはどんな理由でも絶対乗らないということを教えます。
おもちゃ、ペット、お菓子などの小道具や優しそう・きちんとしたな格好や女の人が同席なども気を許す理由になっているため注意してください。
「お母さんが怪我をしているから病院に行こう」
「迷子の猫を一緒に探して」
「今、どんなゲームが人気あるのか教えて」
「郵便局までの道を教えて」 など口実も巧妙になっています。
 
 
赤ちゃんや子供を守る『知らない人』を具体的に説明していきます。
名前を呼ばれた  ランドセルに大きく名前を書いていませんか?
母親の名前を知っていた  表札に家族全員の名前を表示していませんか?
一人で遊ばないこと。
外に出かける時は、出来る限り一人きりになる時間を作らない。
必ず家族の大人に「誰と、どこで、何をするのか。
いつ頃帰ってくるのか」を伝えてから出かけることを徹底する。
 
 
   

赤ちゃんや子供を守るおもちゃについて

毎年、新しいおもちゃが登場してきます。
私たち大人が見ていても、
目まぐるしく変わるおもちゃとあふれるほどの量。
私たち大人は、どのようなおもちゃを与えていけばいいのでしょうか?
私たち大人が子供に与えるおもちゃも、子供の成長とともに変化していきます。
 
子供にとっておもちゃでの「遊び」とは何でしょうか?
遊びから何を獲得していくのでしょう?
 
  
調べてみると、2つあるそうです。
1つ目は、
子供は「エネルギーの完全燃焼」をしていて、全身全霊を傾けて遊ぶ。
  
大人のように、
手を抜いて遊ばないそうです。(笑)
砂遊びでも、中断しないで遊ぶのです。
 
  
2つ目は、
0歳の赤ちゃんの時から、
人間研究しているそうです。
 
  
相手がどう反応するのか非常に興味を持っているそうです。
  
自分が出した声の反応、
喜怒哀楽を観察しているというのです。
 
なんだかすごーいですね。
私たち大人の反応を見ているのです。
 
  
結論的には、
この人間研究と遊びを犠牲にしてまで、
すべきことは無い。

ということでした。
 
  

赤ちゃんや子供を守るおもちゃとソフト力

おもちゃ、絵本、百科事典、ピアノなど、
結局は人なんですね。
 
人間のソフト力の問題といいます。
 
  
欧米の最新のおもちゃを与えても、
押入れに入って終わり。
 
でも、
  
おとうさんが川辺で石を水平に投げてピョンピョン跳ねる光景を見て、
一生懸命に真似するができない子供たち。
  
お父さんの手は魔法?
 
子供専用のおもちゃより、家族で楽しめるおもちゃを購入すべきでは?
 
  
年齢別のおもちゃを買い与えていてもどうでしょうか?
欧州で6歳から99歳用のおもちゃがあるそうです。
  
コミュニケーション・トイ  コミュニケーションが豊かになる。
  
インテリア・トイ  遊び終わった後に飾りたくなる。
  
ヒーリング・トイ  このおもちゃがあればほっとできる。
  
スキンシップ・トイ  相手の指を触らなければ遊べない
 

  
「ソフト力」が無いとどれだけおもちゃを買い与えても、押入れ行きのようです。
 
 
      

赤ちゃんや子供を守る情報について

スマートフォンやパソコン、タブレットで得る情報や、雑誌やテレビの広告情報など、
溢れる情報が飛び交っている今日、どういう情報をチョイスしていくのかを、テーマを決めていないとブレてしまいます。
 
  
今後ますます、情報量は増え続けていくことでしょう。
  
各企業が自由に情報発信できる時代、SNSで各個人も情報発信できます。
 
情報整理ができていないと、各情報に振り回されてしまいます。
 
  
情報化時代の教育も変化しています。
  
親が情報時代に惑わされないようにしていくことも考えないといけません。
 
学校での情報関連の基盤整備ができているか?
  
コンピュータ、ソフトウェア、情報通信ネットワークが充実されていることが必要です。
 
  
学習目的を効果的に達成するための活用形態で、以下のような効果が期待できると考える。
  
  
  

赤ちゃんや子供を守る子供たちの興味・関心や意欲をたかめ、理解を助ける

コンピュータやインターネットなどの情報手段を活用することにより、
黒板に教科書、教員の一方向的な説明ではなかなかできない、
子供たちの生き生きとした興味や関心を引き出すことが可能になると考える。
 
 

赤ちゃんや子供を守る思考力や判断力、創造力、表現力などを培う

子供たちに思考力や判断力、創造力、表現力などの能力を育成することは、今後の教育の大きな目標の一つである。コンピュータなどを活用することによって、これらの能力を育成することも可能である。
  
   

赤ちゃんや子供を守る基礎・基本と主体的な学習の方法を習得させる

今後の学校教育においては、指導方法の工夫により厳選された基礎・基本の教育内容を確実に身につけさせるとともに、子供たち自らが課題や目的意識を持
ち、自ら意欲的に学習を進めるという主体的な学習の仕方を身につけさせることが課題となっている。このため、個々の子供の理解の状況や興味・関心等に応じ
て、様々な題材により繰り返し学習ができるように工夫された教育用ソフトウェアを活用することや、インターネットなどを学習の手段として活用する方法を身
につけさせることが有効であると考える。
  
  

赤ちゃんや子供を守る交流、共同学習など創意工夫を生かし特色ある教育活動を展開する

インターネットなどの情報通信ネットワークは、その双方向性の機能を活用することによって、学習の対象を広げ、興味や関心を掘り起こし、他の学校や地域、国境さえも越えた交流を可能にする。
  
  
   

赤ちゃんや子供を守るお金について

ガラパゴス化という言葉が少し前のガラケーで使われました。
日本では教育費に大変お金がかかります。
 

赤ちゃんや子供を守るこれからの社会を担う子どもの教育と、お金のあり方とは?

国内総生産(GDP)に対する公財政教育支出の比率から見ていくと、
  
デンマークは7.5%
アイスランドは7.3%
  
  
スウェーデンは6.6%ベルギーフィンランドニュージーランドアイルランドエストニアフランスイスラエルオーストリアポルトガルスロベニアイギリスオランダアメリカメキシコスペイン韓国カナダイタリアドイツオーストラリアチリチェコ共和国4.24%スロバキア共和国日本は3.6%
 
OECD平均は5.4%でした。
 
日本国家がどれくらい子供の教育費をだしているか?
見えてきましたね。
 
 

投稿日:2016-07-13 更新日:

執筆者:


◆パートナーエージェントの資料請求をする【無料】